Felix小倉校 OBによる激励

5月になりました。世間はGWですが、北予備の各校舎では、3日・4日で今年初めてのマーク模試が行われました。模試については、また次回にでもご報告をと考えていますが、受験を終えた生徒諸君は、終了後すぐより、自己採点を行い、復習を行っていました。もちろん、今年もVODによる復習は健在です!早速、今日も視聴をしている生徒が多数いました。

さて、本日のFelix小倉校では、朝から国語と社会の授業が行われましたが、お昼少し前に、FelixOBに来校いただき、生徒諸君に激励の言葉をいただきました。本日お越しいただいたのは、9年前のフェリックス卒業生のK君です。Felixで学び、熊本大学医学部に見事合格し、現在は和白病院で勤務をされており、GWを利用して来校し、生徒たちに経験談などを思い出しながら話してくださいました。残念ながら、授業を受けていた生徒もいたため、全員というわけではありませんが、大学生になったOBから話を聞く機会はあっても、なかなか研修医の方から話を聞く機会はないため、生徒諸君も静かに耳を傾けていました。激励後は、さらに直接聞きたい生徒は、K君をつかまえて質問をしていました。生徒たちにとってもとてもいい機会だったのではないかと思います。K君、お忙しい中、どうもありがとうございました。

Felixは長きにわたる伝統と、多数の卒業生を輩出しており、定期的に卒業生が顔を出し、体験談などを交え、在校生に激励をしてくれます。同じ道を進んで合格をつかんだ先輩方の話を耳にすることで、モチベーションも上がると思います。多くの合格した卒業生がいるからこそ可能なことです。現在の在校生も、合格してぜひ来年以降、激励で足を運んで欲しいと思います。

さて、この土日でGWも終わります。ペースを崩さず学習を行えたFelix生には五月病は無関係です。今後もペースを崩さずに頑張っていきます!